出会い系サイトの法律を心得る

出会い系サイトはもう随分浸透しましたし、出会い系サイトを利用した事がないという人の方が少数派になっているかもしれません。
ただ、その出会い系サイトには危険がいっぱいであるという事の認識をあまりしていない人が結構いるという現実があります。
それでも、日々事件は起きているのです。
その事件の被害者には男性も女性もいます。

ただ、男性の被害者で多いのは、ポイントをムダに使わされるという事件だと思います。
それは、法律的にはもちろん詐欺罪にあたるわけです。
実際に逮捕されている例もいくつかあります。
しかし、その逮捕によって、自分が使ってしまったポイントのお金が返って来るという人はほとんどいません。
とても悔しいでしょうが、仕方ない事なのです。

それを考えると、絶対に騙されないようにしたいと思いますよね。
オレオレ詐欺でもそうですが、何故こんなに世間で騒がれているのに、また騙される人がいるんだろうと思います。
出会い系サイトでもそうです。
こんなに事件が沢山報道されているのに、何故まだ引っかかる人がいるんだろうと思います。
やはり騙す側も次々と新しい手口を使ってきているという事もあるかと思います。
注意をしたい点というのは、いくつかあります。
ネカマと呼ばれる、ネット上で女性のフリをする男性の存在も気をつけなくてはなりません。
思わぬトラブルに巻き込まれてしまう事もあります。
下手すれば自分が加害者になってしまうことだってあるのです。
男性が被害を受けるのは、主に金銭的な詐欺です。
無料だと思っていたのに、多額の入会金を請求されたりもします。
または、おためしの無料ポイントがあるというから利用したのに、そのポイントが気付いたらすぐになくなっていたなどのトラブルもあります。
基本的にしっかりと利用料金などの確認が画面表示されなかったものは、支払う義務はありません。
それは、法律で料金などの確認画面をきちんと表示して、本人の意思確認をしなくてはならないと決まっているからです。
それでも、結構しつこく請求の連絡はきますが、無視していればそのうちかかってこなくなるので、無視しましょう。
下手に対抗しようとする必要はありません。
どんな言葉で脅されてもそれには、応える必要はありません。
ただ、きちんと確認の画面があり、確認メールまでもあったというのならば払わなければならないかもしれません。
とにかく、多額の請求があって、不安ならば、支払おうとする前に、消費者センターに相談しましょう。
ほとんどの場合が払わなくていいといわれるとは思います。

そんな悪質なサイトばかりではもちろんありませんが、やっぱり警戒は必要です。
雑誌に載っていた出会い系サイトだから安心とも絶対にいえません。
雑誌に載っていたにもかかわらず、あきらかにサクラがいたというサイトも実際にありました。
そこまでのリスクを犯してまで出会い系サイトを利用したくないという人もいるかもしれませんが、実際安心なサイトだってあるのは事実です。
見極め方が難しいですが、とりあえずはサイト名を検索して、レビューなどを見てから決めるのもいいかもしれません。
サクラがいるサイトならば、誰かが「○○のサイトはサクラがいた」とブログなどに書いたりしているという事が多かったり、サクラ報告専門の掲示板というのも沢山存在しています。
それらを是非参考にして、安全な出会い系サイトを利用して楽しみましょう。